terre thaemlitz writings
執筆


 

Album annotations, articles, essays, lecture transcripts and other texts by Terre Thaemlitz. Listed by date of publication (newest to oldest).
テーリ・テムリッツによるアルバム注釈、記事、随筆、講演転写、および他のテキスト。発行年代順にリスト・アップされています(新しいから古いまで)。

2015
平成27


2013
平成25


2012
平成24


2011
平成23


2010
平成22


2009
平成21


2008
平成20


2007
平成19

  • The Laurence Rassel Show
    ザ・ローレンス・ラッセル・ショー
    An electroacoustic radio drama about feminist anonymity, transgendered authorship... and murder. Transcript & MP3 soundfiles of the radio broadcast produced for German Public Radio in collaboration with Laurence Rassel of Brussel's cyberfeminist collective Constant. The project combines original and liberated music with spoken word examining the gender politics of the copyLeft. An album so cutting edge German Public Radio banned it from broadcast. Also starring Tina Horne, Pierre De Jaeger, Nicolas Malevé, Femke Snelting, Marie-Françoise Stewart, Aiko Tsuji and Wendy Van Wynsberghe. Released June 1, 2007, by Comatonse Recordings (Japan: C.016.CD/C.016.EP), Constant vzw (Belgium) and Public Record (US: 2-01-014).
    2005年に、トランスジェンダーであるTerreとベルギーを拠点とするサイバーフェミニストLaurence Rasselは、コピー・レフトと著作業に関する「The Laurence Rassel Show」というラジオ・ドラマを作りました。 もともとドイツの公営ラジオの依頼で作成されたのですが、内容に問題があるとのことで放送がキャンセルされました。 おかしなことは、そのラジオ局は、オーディオ・サンプルが使用されていることを全く気にかけませんでしたが、ペギー・フェラン、ジョーン・スミス、ミシェル・フーコー、ロラン・バルト他による原作者の「根源」と「張本人」のテーマについて書かれた哲学的なテキストの朗読が含まれていることを問題視しました。 (English | 日本語)
     

2006
平成18


2005
平成17


2004
平成16


2003
平成15


2002
平成14


2001
平成13


2000
平成12


1999
平成11


1998
平成10


1997
平成9


1996 and earlier
平成8まで